FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記67(1)

さきに連ねたように、このころ、
ご主人様への意識の持ち方にデリケートさを要していたから
この日のお呼び出しも、
うれしい気持ちの反面、怖さもありました。
“こわい。見限られることや見限ることがこわい。”
そう思いました。

いつもと違う土地、
不安・・・心もとない足取り。
長い長い回り道を経て、やっと姿をみつける。

無言のまま、部屋に入って、2人
私は黒のスカートと、薄手の深いVネックニットを脱いで、
黒いブラとTバックショーツだけになる。
ご主人様は、私の手に持っていた首輪を取り上げるようにして、
私の首に巻きました。
久しぶりに巻かれた、赤い首輪は、エナメルが少し乾燥しているように思えました。

跪いた私の頭を足で踏みつけて、
そのままの格好でご挨拶をしました。
「アップ」と、姿勢を指示する声。
その声は少し苛ついている様子
私の口にきつく口枷を巻いて、
目にはアイマスクを巻く。

近くできこえる電子音に、
バイブの動作を確認している姿を想像する。
電池が少し弱っているみたい・・
苛つきながら電池を交換する物音
カツンという音がして、電池が床を転がる音が続く。
見えない。

見えないことは
そのときどきの精神状態で、
さまざまな受け取り方に変化します。
ある日は、このひとの前でも見えなくて大丈夫という安心感
またある日は、見えないことへのただただ不安
身体感覚への影響

ご主人様、ずっと何かに苛ついている
私に指示して、姿勢をかえさせます。
まだ準備が不十分なところに、バイブを一気に突き刺す・・・。
痛い。
痛い。
痛いい痛い痛い。

肉を抉るというより、針で引っ掻くような耐え難い痛み。
やめてください。痛い。怖い。抜いて。
口枷のせいでふがふがとしか漏れない。
ご主人様はうまく入っていかないことに苛立つ様子で
ローションを垂らして、さらに突き立てる。
一度傷ついたところに、シリコンゴムの感触があたるだけで鋭い痛みを感じる。
入りきると、落とすなという、忌々しげな様子の声。
続けて、アナルにビーズを入れられる。

「何かが入る」ことが快感なのではない。
「栓をされる」ことが快感なのではない。
数か月ご主人様の身体を経験しなかった私は
何かがかわってしまったのか。
ご主人様を受け容れたくてたまらなかった身体はいま、
痛みにのたうっている。
悲しくてたまらない。
傷つくならバイブじゃなくてご主人様がいい。
同じ傷なら

呻きながら、裂けたところの痛みに耐える。
どうやら、4時方向に裂傷があるみたい
その一点がきつく痛む。
うめいたまま、何度も何度も鞭で打たれる。
痛みで姿勢を崩すと、即座に鞭が降る。
怒声
痛みで、涙が止まらなくなる。
口枷で呼吸しづらい。
思うように息ができない。
こわい。


代理だ。
代理だ、と思った。
ご主人様は、怒れる何かの代理に私を打っていて、
そういうふうに思えた。
うまくいかない何かに対して
怒るかわりに、私を打っているように思えた。
それに、ご主人様が本当に打ちたいのは私ではないような気がした。

だから痛みは痛みのままで苦しさは苦しさのままだった。

床はローションでぬめっている。
ぬるりとする床に膝を滑らせ身体が傾く。
その姿勢の崩れに、また怒声が張られ鞭はいっそう痛くなる。
四つ這いだった身体はへしゃげる。
鞭が降り続ける。
やわらかい肉の身体には乾いた音が響く。
痛い。
苦しい。
何度も、痛い。痛い。と反応しながら、
この痛みは主の痛みなのではないかと思った。
そんなふうに思った。
一方的に与えられているものではなくて、
ご主人様というひとりの男性の心の中にも、
こんなふうに痛くてつらくて苦しいものがあるのではないかと思った。
それを私はこの肉体を介して受けているんだ。そう思った。
楽しみの為の調教ではなかった。
快楽の為の調教ではなかった。
そう思わなければ私のこころが耐えられなかったのかもしれない。

やめてほしい、
そんなふうに傷つけないでほしい
そんなふうに傷つかないでほしい
そう思う
これに耐えているのか とか
こんなに耐えないといけなかったのか とか
思う。
私は痛みに耐えることは
ご主人様の持っている痛みを受け容れることのように
思った。


おかしな呼吸の私を見たご主人様は
口枷を外してくださいました。
しばらく床にへばりついたまま、動けませんでした。
あらゆるところが痛くて、
きつく、苦しかった。

「どうした」、と言葉をかけられ、
アイマスクを外してもらいました。
アイマスクの内側は、マスカラが黒く滲んで汚れていました。
私はその黒の不思議な曲線の形を見つめていました。

ご主人様は、ソファに掛けて、
私の顎先を指で掬うようにして、
ご主人様のほうへ顔を向かせました。
目を見る勇気はなくて、俯いたままで居る・・・。
なぜか どうしても見たくなかったし、
ご主人様もまた、私の目をみたくないのではと思った。





ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



別窓 | 逢瀬日記61~ | コメント:4 | ∧top | under∨

逢瀬日記67(2)

「痛かった?」
しずかな声で訊く。

痛くてこわいだけだったら、もう帰るか。
これで終わりにするか。
と、訊いた。


どういう意図でその質問なのかはわからないけれど、
深く考えられないし、
痛みでぼーっとしている。
何も考えられない。
何も考えたくない。

でも、
互いになにかに傷ついているんだなあと思う。

私だって、私自身がご主人様の鞭に苦しんでいるところを
みせることで、苦しめているんじゃないかなとも思う。
どこまでが悦びでどこからが苦役なのかは
私とご主人様 それぞれにしか わからない。

帰るかともう一度聞かれて、首を横にする。
おまんこ痛いのに?と聞かれて、首を縦にする。

ご主人様は、私を立たせて、中がどんなふうになっているか、
どの辺りに傷があるかを見てくださっているようだった。
持続的な出血はないものの、
絶えず痛いところを思えば、多少の裂傷、出血はあるのだろうと思った。
指でいろんな方向を確かめられた。
こんなとき、ご主人様にとって私はひとつの道具だと思う。


もう、それ以上の責めは与えられず、
足の指を舐めさせて貰った。
身体がジンジン、ひりひりする。
ご主人様の身体を舐めているあいだじゅう、
自分自身を舐めて癒しているように思えた。
舐めること
被虐の、加虐のための行為ではなく、
舐めることは、ただただ傷を舐めることだった。

そのあと・・・おまん/こを遣ってもらって、
あまり、激しく動かないように私を制しながら・・・
私が達した後、引き抜いて、口でいかせるよう命じ、
咥えた儘で頭を何度も降りました。
私の行為で感じてくださることが
やはりうれしくて
ご主人様の快感は私の快感で
ご主人様の絶頂は私の絶頂でした。

シャワーで流して、身なりを整えてから、部屋を出ました。
会話はなく目もあわせずに別れました。
自分のからだになにが起こっていたのか、
ご主人様との関係になにが起こっていたのか、
私はそれをどう捉えるのか、
整理するのにとても時間がかかりました。





ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



別窓 | 逢瀬日記61~ | コメント:0 | ∧top | under∨

逢瀬日記68

そのあとにも
ご主人様の指示のオナニーでいけないことが続きました。

ある日
ご主人様のご命令どおりに
何度オナニーしてもいけなかった日

ご主人様からお呼び出しを受けました。
断定的な言葉でのお呼び出しでした。

待ち合わせの場所に急ぎましたが
慣れない場所で
迷ってしまって
遅刻してしまいました
・・・

焦るほどにうまくいかなくて
着いた時には泣きそうでした。
自分にもがっかりするし・・・。

部屋に入ったご主人様は
私にご奉仕をさせ
性処理のために
私を遣いました。
ご主人様の指示で
道行きの途中から、
ショーツを脱いだ状態でした。
肘をついて高く腰を上げた私のうしろから
着衣のままで、
とても・・・硬い状態で・・・
ぬるりと入ってきました。

この感覚
久しぶりでした

ぬるぬるに自分自身もそうなっているのがわかりました。

つい腰を振りそうになると
制されて、
そのままいけと、命じられました。
唇を指先で縦にわって、太い指をねじ込まれて
肉と肉の密着を感じながら
そのまま
静かに
いきました


タナトス
ご主人様が与えて
私が感じる性感は
そういうものだと思う

深く深く沈んでいけるのは
ご主人様だからだと思う

引き抜いてご主人様はすぐ
それを私の口元へと運びます
血管が浮き立つ・・・
めりめりと、
皮膚の表面を彫刻するみたいに
この男性だけの形に

たくさん口に出してくださったザーメンは、
濃ゆいあじわい。

何も とりたてて 話もないまま逢い話もないまま過ごして
そのまま
言葉なくわかれましたが
ご主人様によって達したことに
あたたかい気持ちがさめない夜のおわり。





ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。


別窓 | 逢瀬日記61~ | コメント:6 | ∧top | under∨

逢瀬日記(ちょっとだけ)

先日、ご主人様にお呼び出しいただきました。
ご主人様。

ご主人様の前でするご挨拶も、久方ぶりのことで
緊張、しました。
ご主人様のおそばにいさせてもらうことも
もう、幾度目のことになるか、という感じなのですが、
毎回とても緊張することですし
いつも
これでいいのかなとか
あれでよかったのかなとか
できることは全部したのかなとか
逢瀬のあとになってもしばらくは、
強いられるでもなく自らいろいろと自省してしまいます。

詳しいことはまたいつか書くのかもしれませんが
逢瀬なし日記を書いた後なので
逢瀬日記を書きたくなって
久しぶりにこちらに向かった次第です。

印象的だった一瞬は、
ご主人様がわたしをつかってくださったことで、
やっぱり互いのかたちをからだでかんじることは
いきていてほんとうに素敵だと思ったことでした。

ご主人様は、何が好きか言ってみろとおっしゃってくださって
わたしはそのままを口にしましたが、
言えば言うほど、
身体は沸点を知って
もうわたしのからだはわたしから所有を解かれたようになって
もう
どうしようもなかったのです。

わたしのからだは、わたしからはなれてゆきました。





ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



別窓 | 逢瀬日記61~ | コメント:0 | ∧top | under∨

逢瀬日記69

間が悪い。
ということがある。

その逆に、
すばらしくタイミングのよいときも、また、ある。

できることなら、
ご主人様に対しては、
いつも
アンテナの状態をよくしていたい
なんて
思うのですが。


その日は、
ご主人様からお呼び出しいただいたのに、
その着信にすぐ気がつけないでいました。
いまとなっては、
恥ずかしいこと、と、思います。

少しの時間でしたが、遣っていただくことができました。
ご主人様の足の感じ。
指先の味。
締める首輪の感触。
明かりを消す手の行方をみつめる。

ああ・・・。この感じ。
好きな肌触り。
漏れる息。
本物

口でしている間、
頭を撫でてくれる手のひら。





ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。


別窓 | 逢瀬日記61~ | コメント:0 | ∧top | under∨

逢瀬日記70

ご主人様に、
たくさんきいてみたいことや、
話してみたいことはあっても、
お逢いしてみると、
全然おしゃべりではなくなるくちびる。

その場所の役目は
言葉を選んだり
言葉をはなつ以上に
舐めたり、吸うことで満たされる。

静かな空間。

ああ
とどのつまり
私は生きているご主人様の姿を今現在みたかったのだし
ご主人様もまた、生きている私と逢っているんだと思う。

だから言葉はドアの外に置いておく

あじわう。
身体を委ねてくださるご主人様に
ご主人様に教えてもらったやりかたで
・・・

思った通りのことが起こるのもすばらしいけれど
想定外のことが起こる面白さも提供したくて
ちがうやり方を
練習したり習得したり したいのだけれど、
(実際、そういうジャンルの本や映像、ブログなどで
自己学習(笑) しているのですが)
その場に居ると、
ああ、こんなふうに、したい。とか、
ここ・・・気持ちいい?とか、
目の前に、せいいっぱいで
全然“かわったこと”ができなくなるのです。

ご主人様。
変わり映えのないご奉仕でごめんなさい。
けれども、
私は、いつも、こうしてご奉仕させていただいた時に、
「いいよ」と、いってくださることがうれしくて仕方ありません。
ご主人様の快感のためにせいいっぱい生きたい。





ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。


別窓 | 逢瀬日記61~ | コメント:0 | ∧top | under∨
<<BACK | 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。